エキサイトブログ
 
プロフィール
本名:小杉十郎太
生年月日:1957年12月19日
出身地:神奈川県
出身校:日本大学芸術学部
血液型:B型
小杉十郎太『J's Music Action 55! Go!Go! Birthday』レポート
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
 
捜索活動、いえいえ創作活動… 後半

前回に引き続き3月13日の
『春だ! 花見だ! 桜祭りライブ!!』で
歌った新曲について書かせてください。

a0093054_1392262.jpg


新曲の順番でいくとお次は『MIDNIGHT TRIP』

実はこの曲、ライブ本番の3日前まで
『子猫ちゃん』というタイトルだったのです!
(そんな大事じゃないっすけど)

因みにどんな歌詞かというと…

どこへ行ったの子猫ちゃん
こんな夜中に子猫ちゃん
OH OH OH とても心配さ

明日は花見に行くって
約束したよね子猫ちゃん
NO NO NO 忘れちゃったの

春は短いよ
桜も散っちゃうよ
だから帰っておいでよ

舞い落ちる花びらが君の
頬をうすくピンクに染める
気まぐれなその瞳には
何がうつっているの
そこに僕いるの


続きもあるのですが、こんな歌詞でした。

自分としては経験上(?)、若い時間はアッ!?という間、
だから大切にしてほしいという切なる思いを
春や桜とシンクロさせたつもりだったのですが、ふと…
「ただのHなオッサンと勘違いされるんとちゃうか?」

そう思い始めたら、これはもう身に覚えのない容疑だと
真夜中に全面的に歌詞を変更することを敢行したのです。

考えすぎといえば考えすぎかもしれませんが、
射手B(射手座のB型)の僕としては
『思いこんだら、もう、どうにも止まらない』状態に突入してしまうという
何とも厄介な性格上いたしかたないことだと理解しています。

それではMIDNIGHTに書いた『MIDNIGHT TRIP』


夜の隙間に飛び込んで
君と二人でMidnight Trip
Oh Oh Oh 夜空の果てまで

星から星へとSkip and Skip
BlackholeでTime warp
Oh Oh Oh いかした夜だぜ

サイコーに自由さ
他には誰もいない
二人だけの世界へ


嫌なことは忘れてさ
行って看ようよMidnight Trip
Oh Oh Oh WAKUWAKU DOKIDOKI

昨日もなければ明日もない
あるのは今だけLet it be
Oh Oh Oh それでいいのさ

サイコーに自由さ
他には誰もいない
二人だけの世界へ


光がなくても二人なら
どこへだって行ける
つないだ手のぬくもりが
あればそれでいい
だから離さないで


夜の隙間に飛び込んで
君と二人でMidnight Trip

昨日もなければ明日もない
あるのは今だけLet it be

サイコーに自由さ
他には誰もいない
二人だけの世界へ

二人だけのMidnight Trip


みなさんはどちらがお好みですか?(そんなこと訊かれてもねぇ〜)
機会があったら『子猫ちゃん』も是非聴いていただきたいです。

a0093054_1362739.jpg


さてさて、新曲の取りを務めるのは
「CDになってないんですか?」と
何人かのお客様から受付に問い合わせがあったという

『声を聴かせて』

僕のアルバムでも歌わせていただいた、
ご存知!『DANCER』の作詞をされている兼上佳子先生が
僕が歌うことをイメージして書いてくださったのですが、
正に光栄の極み、何としてでも歌詞とコラボレーションできる
メロディーを創らねばと心地よい使命感に燃えて作曲させていただきました。

そしていよいよ、初めてステージで歌い聴いていただいたわけですが、
正直驚いたのは何人かのお客様がハンカチを持ち
涙を拭っていらっしゃるではありませんか!

僕のライブ活動の中でも初めて見るお客様のその姿に、
歌いながら僕自身も感動していることをハッキリと自覚し、
ライブが終わった後、聴いてくださる方々が心の琴線を震わせてくれる
歌詞を書けるようになりたいと己の才能を省みず思った僕なのでした。


それでは兼上先生のご承諾を得て歌詞をご紹介したいと思います。


『声を聴かせて』

灯りの消えた 四角い箱に
今夜も一人帰る
君のいない街は 色あせて
カレンダーだけが
季節をつげる

声を聴かせて
今すぐに
声を聴かせて
君の声を

この願いが叶うなら
僕は何だってする

ねぇ 声を聴かせて


冷たい風と灰色の空
独りを思い知るよ
かすかな温もりを求めて
ポケットの中に君を捜した

声を聴かせて
今すぐに
声を聴かせて
君の声を

この想いが届くなら
僕は何だってする

ねぇ 声を聴かせて


兼上先生、本当にありがとうございました!

そしてそして、岩田さんが編曲、アレンジをしてくれたことが
どれだけ大きかったことか!
(勿論、すべての曲においてですが)大大大感謝です、
岩田さん、ありがとうございました。

以上、2回に渡って、僕の捜索活動、
いえいえ創作活動について書かせていただきました。

これからも、一(いち)表現者の端くれとして、
演じ、語り、そして歌って生きたいと堅く思いを固めておりますれば、
これにて『春だ! 花見だ! 桜祭りライブ〜!!』を打ち止め〜
にさせていただきたく存じまする。

ありがとうございました〜!

a0093054_1373157.jpg


P.S 彼らがいなければ僕が何も出来ないことは
シャーロック・ホームズに頼まなくても明らか…

スタッフのみんな、
Thank you so much!
[PR]
by kosugi-jurota | 2010-03-24 12:24
 
捜索活動、いえいえ創作活動… 前半

今回は、去る13日の『春だ! 花見だ! 桜祭りライブ!!』で
お客様に初めて聴いていただいた
オリジナル曲について書きたいと思います。

まずはオープニングの『一輪の花』

今回のライブを新しい曲で始めることは
自分の中で決めていて、『一輪の花』
というタイトルも決まっていました。

それでも「いざ、つくるぞ〜」と意気込んでみたところで
なかなかイメージが歌詞やメロディーにならず(どの曲もそうですが)、
さながら昔の小説家のように書いては
「違う!」と自分に叫びながら丸めた紙をゴミ箱へ投げ
うまく入ると「ナイス シュート!」などと自画自賛しながら
結局時間だけが過ぎていくといったような
何とも言いようがない僕の捜索活動、
いえいえ創作活動なのであります。

一応出来上がっても試行錯誤しすぎちゃて
果たしてこの曲が客観的にどうなのか頭の中は無重力状態、
つまりは聴いていただいた方に判断を委ねる
といったところでしょうか。

とはいえ、自分で創った曲はそれなりにかわいいもので
お客様に拍手をいただいたときに「良かった 良かった」
と曲と抱きしめあうような気分は格別です。

それでは、歌詞をご紹介しましょう。

『一輪の花』

さあ 目を覚まそう
そろそろ出かけよう
朝もやの中を今

いらないものは
全部置いていこう
したためた想いだけけたずさえて

さりげなく生きるのはもうやめよう
心のおもむくままにいこう

ああ あなたはあなたであれ
どんな時もその鼓動を信じて
風に吹かれ折れそうになっても咲きつづける
一輪の花


さあ 始めよう
もう一度夢見よう
あきらめていたこと今

ずっと真っ直ぐな
道なんてないのさ
行き止まり引き返すときもある

思い出にすがるのはもうやめよう
知らない自分を探しにいこう

ああ あなたはあなただけの
物語を綴っていくよ
重い扉開ければそこに咲いている
一輪の花

お次は井上和彦さんに捧げたこの曲

『この街から』

あなたといるとホッとするよ
何かに包まれて
あなたといると悲しみさえも
どこか消えていくよ

この街から翼広げて
大空に羽ばたいた人よ
もっと高く飛びつづけてほしい
いつ いつまでも

その笑顔が その声が
僕の心を熱くするよ
忘れないであなたを想う
この気持ちがそばにいることを


あなたがいると聴こえてくるよ
懐かしいあのメロディー
あなたがいると見えてくるよ
セピア色したあの日

この街から夢の扉開け
未来へと旅だった人よ
もっと遠くを目指してほしい
どこ どこまでも

そのやさしさがその瞳が
僕の心にぬくもり満たす
忘れないであなたはいつも
どこにいたって一人じゃないことを


次回、もう2曲ご紹介しますね。

お楽しみに!
a0093054_1558812.jpg

a0093054_15583164.jpg

[PR]
by kosugi-jurota | 2010-03-19 15:59
 
まずは、お礼まで…

先日の『春だ! 花見だ! 桜祭りライブ!!』に
足を運んでくださったお客様、本当にありがとうございました。

久々のライブ、なんとか2ステージやり終えることができたのも
皆々様のおかげ、歌はけっして完璧ではありませんでしたが
楽しんでいただけたとしたら幸いです。

また、遠方から来てくださったお客様も多く、
感謝、そしてまた感謝です。

そして、何曲か歌った新曲の中でも
『声を聴かせて』の評判が良かったと聞き嬉しいかぎり、
作詞をしてくださった兼上先生にも、感謝の嵐です。


また、みなさんにお会いできる日を楽しみにしています。
笑顔、笑顔、笑顔で…

本当にありがとうございました!

まずは、お礼まで…

P.S 打上げで赤ワイン飲みすぎちゃいました〜

a0093054_12171841.jpg

a0093054_12173334.jpg

[PR]
by kosugi-jurota | 2010-03-15 14:22
 
いざ、南青山へ!

先週末は、ドデカいさいたまスーパーアリーナで開催された
『戦国武将祭』に出演してきましたが、明後日土曜日は、
いよいよ僕にとって久々のライブ『春だ!花見だ!桜祭りライブ!!』です。

規模は果てしなく違いますが、
僕にとっては2週続けての祭りといったところでしょうか。

お客様と一緒におおいに盛り上がるべく
髪の毛も切って(関係ないだろ!)今からはりきっています。

小春日和になってほしいものですが天気は上々の様子。

どうぞ、気をつけて来てくださいね。

それでは明後日、南青山MANDALAでお待ちしてま〜す!

「いざ、南青山へ!」

P.S『 戦国武将祭』の楽市楽座で『あなたが戦国武将だとしたら』
というコーナーがあったのですが、カメラが僕を写し出てきた結果は
信長ではなく北条氏康でした。

「是非もなし…」

a0093054_22573429.jpg

[PR]
by kosugi-jurota | 2010-03-10 23:06
 
なるほど…

浜「明日、明後日ってなにしてる?」
十「さいたまスーパーアリーナに行ってくるわ」
浜「へ〜 コンサートか何か?」
十「まあ、 ドデカいイベントだな」
浜「あっ! 分かった 戦国武将祭だ」
十「大当たり〜」
浜「二日間観にいくの?」
十「大ハズレ〜」
浜「じゃ 何しに?」
十「考えりゃ分かるだろ」
浜「分かんないから訊いてんだろ」
十「出演するんだよ」
浜「え〜!? スススススッゲーじゃん で何すんの?」
十「それは観てのお楽しみ、象さん」
浜「象さん?」
十「意味ないよ たまに言ってみたい言葉ってあるじゃん」
浜「分かる分かる 俺も時々カメ〜って叫びたいもん」
十「カメ?」
浜「気に入らない奴がいてもオレの場合テメエ〜とか言えないからさ
カメ〜なら柔らかく伝わるかと思ってさ」
十「なるほど…」
浜「そんなに感心するなよ 照れちゃうだろ」
十「なるほど…」
浜「だから…」
十「行き方分かった、じゃあな」
浜「お前… 俺は生き方考えよ」


てなことで、戦国武将祭行ってきま〜す

P.S 13日南青山MANDALA
『春だ!花見だ!桜祭りライブ〜!!』のオープニングは新曲『一輪の花』

浜「オレは二輪車の男」
十「…」
a0093054_13522793.jpg

[PR]
by kosugi-jurota | 2010-03-05 13:53
エキサイト公式ブログ
高橋秀幸公式ブログ「Let's Get たかHappy!」
仲谷明香公式ブログ「続、駄菓子菓子、」
『AJF NEO GENERATION 2013』公式ブログ
鎌田章吾公式ブログ「俺たちスーパースター!」
海保えりか公式ブログ「ぽえりずむ」
明坂聡美ヴログ『共和国ノ進メ』
Sister MAYO Official Blog「MAYOブラボー」
Prico official blog『PricoのPrilog』
宮路一昭公式ブログ『~MY LIFE~』
井ノ上奈々公式ブログ『井ノ上屋』

©copyright 2006-2015 On the Field Co.,Ltd. all rights reserved.
Copyright © 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム