エキサイトブログ
 
プロフィール
本名:小杉十郎太
生年月日:1957年12月19日
出身地:神奈川県
出身校:日本大学芸術学部
血液型:B型
小杉十郎太『J's Music Action 55! Go!Go! Birthday』レポート
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
 
あらしのよるに

6月18日(木)南青山MANDALAでの
僕のアコースティックライブのお知らせは既にしましたが、
もう一つ、お知らせすることが!

みなさん『あらしのよるに』(原作・きむらゆういち 講談社)
という絵本をご存知ですか?

販売部数累計300万部を超えている作品だそうですから
『絵本は見たことないけど、あらしのよるにって聞いたことあるな〜』
という方も多いのではないでしょうか。

普段なら食べちゃう側と食べられちゃう側のオオカミとヤギが、
嵐の夜に運命の出会い(?)をし友情を深めていく物語・・

その『あらしのよるに』を、
ジャズピアニストの松本峰明さんと組んで
音語りとして語ってきたのが、女優・中井貴惠さん

そして、僕のライブの10日後、
6月28日(日)に、これまた同じ南青山マンダラで、
音語り『あらしのよるに』をやるそうなんですが、
ナント今回、僕がゲスト出演させていただくことになりました。

絵本を生で朗読するなんて初めてのことであり、
それも中井貴惠さんとのコラボとくれば何をか言わんや!

ライブの直後ではありますが、
よろしかったら是非足を運んでください。
お待ちしていま〜す!

P.S ジャイアンツ強い!
   うれしいけど怖い〜

a0093054_16253286.jpg


※スタッフより。
チケットは4/25の10:00からOn the Field Web Shopで受付開始致します。
詳しくは小杉十郎太オフィシャルサイト「Information」をご覧下さい。
[PR]
by kosugi-jurota | 2009-04-23 16:34
 
ポカポカ

しかし今年の4月はあったかいですよね。
桜もそろそろ散っちゃうかなと思ったら、
いきなり夏みたいな日もあったりして。

『海が見える所で、サザエ食べながらビール飲みてぇ〜』なんて、
ポカポカ陽気のポカポカ頭で思っている僕であります。

先日も汗ばむような日に、
そんなことを思いながら渋谷の公園通りを
スタジオに向かって歩いていたのですが、
その日の仕事はエビスのセレブな
イケメン達が繰り広げる恋愛模様CDドラマ。

まだ発表になっていないので
はっきりタイトルを言えないのがもどかしいのですが、
けっこう長く続いている作品なので『分かった!』
という方も多いでしょうね。

そして一緒だったのが、
写真の神奈延年君と鈴村健一君(鈴村君は僕の相手役)。
待ち時間にロビーで政局や温暖化対策には一切触れず、
あれやこれやとポカポカ話しながら、
けっこう楽しい時間を過ごしたのでした・・(僕だけ?)

それにしても、二人ともおもろいヤツですわ。

P.S 電子タバコに切り替え中!?

『6.18 そろそろ梅雨だぜ 十郎太ライブ』ヨロシクで〜す!


a0093054_12422260.jpg

[PR]
by kosugi-jurota | 2009-04-17 12:43
 
喜んでおりまする

6月18日のライブのチケットを早速申し込んでくださったみなさま、
ありがとうございま〜す!

自由が丘の桜も喜んでおりまする。
a0093054_18452049.jpg

[PR]
by kosugi-jurota | 2009-04-09 18:45
 
やっと食べられたぜ!名古屋名物

※ 今回は去る3月22日の名古屋ライブが終わった後のレポートです。
前回前々回をご覧になってない方は是非そちらから!


初めての名古屋ライブもすべてが終わり控え室に戻ると半ば放心状態。
フワ〜ッと空中に浮かんでいるような感覚に包まれ、
まるで催眠術をかけられたような(経験ないが)ある種の快感を覚えた。

そこへ『お疲れさまでした〜』と
スタッフが持ってきてくれたのは冷えた(大事)缶ビール。
《ゴクッ ゴクッ ゴクッ》

思えば20歳になってから(もう少し前かも)
どんだけ〜ビールを飲んできたかわからないが、
脳天を突き抜けたあまりの旨さに
『なんじゃこりゃ〜!』と言いながらソファーに倒れこみ意識を失いかけた。

すると・・
『みそかつ〜 えびふりゃ〜 手羽先〜 ひつまぶし〜』
と、どこからともなく聞こえてきた垂涎の声に完全覚醒。
『そうだ! 名古屋名物を食べにいかなくっちゃ!』
せき立てられるように荷物をまとめ、
自分が立っていたステージに『またな・・』と再会の約束をし、
ライブギャラリー元を後にしたのだった。

スタッフの車は宿泊先のホテルを目指しナビに導かれ到着。
いよいよ名古屋名物にありつける時間が迫ってきた。
名古屋も熟知の岩田さんが案内してくれたのは
(なんてったって日本中でギターを弾きまくってる)、
手羽先が絶品だという『風来坊』というお店。

座敷に案内され座布団に胡座(あぐら)をかくと
目に飛び込んできたのは品書きにある名古屋名物の数々。
『全部あるじゃん!』
名古屋新参者としてはこれ以上ない喜びだった。
『おつかれ〜』のジョッキを合わせ再び
《ゴクッ ゴクッ ゴクッ》

すると次々と運ばれてくる名古屋名物の数々。
まずは風来坊名物でもある『手羽先』
パリッとした食感とジューシーなその味は何本でもいけちゃいそう。
お次は夢にまで見た『みそかつ』
期待感で胸が張り裂けそうな中、口の中に運ぶと、
その形容しがたい美味しさに身震いした。
続いてみそつながりで『みその土手鍋』
これまた旨い!
八丁味噌を発明した人にノーベル賞をあげたくなった。

そしてお次は・・
ジジャ〜ン! 『えびふりゃ〜』
所謂えびフライはこれまで何度も食べてきたが、
比べものにならない美味しさに感動の嵐。
胃の中でえびが跳ねている気さえした。

そしてそして〆は、
やっぱこれでしょ『ひつまぶし』(写真には写ってないが)
鰻とご飯を三回も楽しめるなんて考えた人は天才中の天才。
心もお腹もいっぱい、忘れられない至福の時となったのである。

それにしても、こんなに美味しい食べ物達がいつもそばにあるなんて、
名古屋の人達はなんて幸せなんだろうと思いつつ、
大大大大大満足でお店を後にしたのだった。

幸福感に包まれたがらホテルに戻り軽く飲んでから就寝。
長い一日に終わりを告げた。


翌日は東京で仕事が待っていたため、
僕だけ昼前の新幹線に乗ったのだが、
名古屋駅の売店で『みそかつ&えびふりゃ〜弁当』を発見!
即、購入して座席に座り、しばらくしてから食べ始めたのだが、
二度も食べられるなんて本当に幸せだった。

食べている途中でふと頭をよぎったのが
『そうだ! 今WBCで、日本対アメリカ戦をやっている!』
しかしながらワンセグでは見られないしラジオもないし・・

諦めきれない僕は車で東京に向かっている我らがスタッフ、
大山秀雄君に試合状況を伝えてくれるようメールで頼み、
続々と送られてくる情報に興奮し(周りのサラリーマンはみんな寝ていた)、
日本が勝ったと知ったときは『やった〜!』と叫びたかった
(ガッツポーズの写真は正にその時)。

さてさて、そうこうしているうちに一睡もせず東京に到着。
前日の早朝から始まった初めての名古屋ライブツアーも終わり、
新幹線を降りるといつものようにスタジオへと向かった僕なのであった・・

END


P.S 長々と『名古屋ライブレポート』を書いてきましたが、
Part1から読んでくださったみなさん、ありがとうございました。
これからも出来る限り、自分のライブをレポートしていきたいと思います。
そして、レポートが終わった途端にライブのお知らせがあります!
メンバーのみなさんはメルマガで既にご存知だとは思いますが、
6月18日(木)に名古屋同様、岩田浩史さん(BRUSH&PICS)に
サポートしてもらい、昨年の9月以来久しぶりに、
南青山マンダラでライブをやることが決定しました!

詳しくはコチラ

a0093054_19164730.jpg

a0093054_19173546.jpg

a0093054_19174234.jpg

[PR]
by kosugi-jurota | 2009-04-08 19:19
 
名古屋ライブレポート Part2

※ 前回のPart1をご覧になってない方は是非『ワン!』からどうぞ

『初めての名古屋ライブ 始まるみゃ〜!』
第一声はまずまず。

岩田さんと熱い視線を交わし、
記念すべき初めての名古屋ライブの一曲目は、
君のハートをボイスオーバーしてあげる〜
「VOICE OVER」(やっぱりライブのスタートは、
ギターを弾く限り簡単なコードの曲に限ると歌いながら実感)
二曲目は、あ〜貴女はどこに〜
「潮騒」(岩田さんとツインギターで歌ったのは初めてだと思われる)

我ながら、やっぱりいい曲だな〜、
なんて余裕もないくせにちょっぴり思いながら歌い、
やってきたのがお客様に初めてのご挨拶。

これがもう、カミカミカミカミカミ〜
これでもかというくらいとにかくカミっぱなしで、
とても喋ることを生業としている人間のトークとは自分でも思えなかった。
しかしながら、お客様とは本当にありがたいもので、
あたたかく(?)笑ってくれるではないか!

『もしかして、これで掴みはオッケー?』

なんて都合よく思っちゃったりして、
妙なところでポジティブな自分がそこにいた。

そして三曲目は、踊れ〜雨の踊り子〜
(岩田さんとのサビのハモりが気持ちいい)「雨の踊り子」
つづいて、か〜ぜ〜に飛ばした夢ならば〜「この想い」
(自分で作っておきながら歌詞覚えるのがけっこう大変)
そしてそして、久々の「SAY YOU」コーナー!
SAY YOU〜 OOh SAY YOU〜 伝えたいことがいっぱいあるんだ〜
そう、伝えたいことがありすぎちゃって、
やたら長くなってしまった(二晩徹夜して書いた)。

進行役は、外人代表ディラン、アニメ代表やきそばパンマン。
またこいつらか!という感も強いが、
任せられるキャラはそうそういないのである。

実際、榊 太郎が「勝者のセオリー」を歌いながら登場するのも、
やきそばパンマンが夢の中でアドバイスしてくれたし、
天之橋 一鶴がいきなり「INMOST VOICE」を歌いだしたのも、
電車の中でディランが言い出したプランだった。
ここでやきそばパンマンに謝罪しなければならないのは、
「やきそばパンマン流れ旅」の歌詞を間違えてしまったことである。
彼の怒りは相当なもので、夜の部も間違えたら絶交すると、
本番中に僕の耳元で囁いた。

そしてこの後、名古屋限定架空キャラの名古屋嬢
しゃち子が登場するわけである。
ネットで知るまで名古屋嬢の存在すら知らなかったが、
自分的には超お嬢様という設定で演技したつもりだ。
お客様にはどのように伝わっただろうか?

因みにしゃち子という名が
鯱(しゃちほこ)に由来しているのは言うまでもない。
そして、壮大な物語(?)を繰り広げてきたこのコーナーも
最後は僕自身が登場し、しゃち子と手をつなぎ僕のライブに向かう
というエンディングを迎えたのである。

余談ではあるが、このコーナーは確かにやっていて楽しい。
しかし声優・小杉十郎太としての『引き出し』の数を
考えさせられる一面も持ち合わせている(怖い)。

さて、ライブも後半戦に突入。
マラカスを持ち、真っ赤なバラのシャツ着てさ〜「横浜ローズ」から、
間髪入れずに、お前パラダイ〜ス 夢のパラダイ〜ス「パラダイス」へと。
(ホントに頭がパラダイスになってしまい、昼の部も夜の部も歌詞が
滅茶苦茶だった)
いよいよ残すところあと二曲。

ご存知、僕のアルバムタイトル曲、
オ〜ネスティ〜もうこの胸の想い〜「Honesty」を歌い、
最後のMCでお客様へ万感の思いを込めて感謝の気持ちをお伝えし、
ラストソングはライブで初めて歌う曲、
君に逢うためここへ来たよ〜「Lastnight Tonight」
(けっこう気に入っている)

歌い終えるとお客様から熱い拍手を頂き、
名古屋でライブをやって本当に良かったという気持ちが全身を駆け巡った。

言い尽くせぬ感謝の気持ちと共にステージを降り控え室に戻ろうとすると、
お客様からアンコールの拍手をいただき再びステージに上がり歌った曲は、
ライブ活動を始めた当初オープニングで歌っていた、
嵐の夜に〜「スタンド・バイ・ミー」(初心忘れるべからず)

こうして、初めての名古屋ライブ昼の部は幕を閉じたのだった。

夜の部までしばしの休憩時間。
地元のスタッフが用意してくれた驚くほど美味しいおにぎりを食べてから、
目をつぶり体をクールダウン。

しばらくするとスタッフから開場したとの声が。
今一度モチベーションを徐々に最大限まで引き上げ、
いざ夜の部へ出陣したのである。

『初めての名古屋ライブ夜の部 始まるみゃ〜!』・・

夜の部のレポートもすると重複する部分も多く、
あまりにも長くなってしまうので割愛させていただくことにしたが、
もちろんライブメニューは昼の部と同じだ。

2ステージ目だというのに相変わらずMCはカミカミだったが、
昼の部と同じようにお客様ととても熱く楽しい時間を共有し、
最後は、必ずまたここでライブをやろうと固く決意して
ステージを後にしたのだった・・

拙い文章で当日のライブが終わるまでを
二回に分けてレポートしてきたましたが、
この場を借りてお礼を言わせてください。

名古屋(近郊も含めて)在住のお客様、
遠方から来てくださったお客様、
中には2ステージ観て聴いてくださったお客様や
ご家族でいらしてくださったお客様もいらっしゃったと
スタッフから聞きました。

そして、モンゴル歌舞団の方々と駆けつけてくださったオユンナさん、
ライブギャラリー元のスタッフのみなさん、
本当に本当にありがとうございました!
僕自身、感謝と幸せな気分でいっぱいです!

『名古屋バンザ〜イ!』

これからも、ハッピーな気分になってもらえるライブをモットーに
頑張りたいと思っています。

こんなご時世ですが、みなさんも頑張ってくださいね〜!

P.S 次回はライブが終わった後の『やっと食べられたぜ! 名古屋名物編』
   を書きたいと思っています。ところで次のライブ(東京)のお知らせを
  意外と早くできるかもしれません!

a0093054_136201.jpg

[PR]
by kosugi-jurota | 2009-04-02 13:13
エキサイト公式ブログ
高橋秀幸公式ブログ「Let's Get たかHappy!」
仲谷明香公式ブログ「続、駄菓子菓子、」
『AJF NEO GENERATION 2013』公式ブログ
鎌田章吾公式ブログ「俺たちスーパースター!」
海保えりか公式ブログ「ぽえりずむ」
明坂聡美ヴログ『共和国ノ進メ』
Sister MAYO Official Blog「MAYOブラボー」
Prico official blog『PricoのPrilog』
宮路一昭公式ブログ『~MY LIFE~』
井ノ上奈々公式ブログ『井ノ上屋』

©copyright 2006-2015 On the Field Co.,Ltd. all rights reserved.
Copyright © 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム